総合案内


行政手続


建設許可


法律文書


離婚相談


悩み相談


無料相談


自己紹介


地図写真


料金案内


 


  


 自己紹介



  

 トラブル予防対策・行政書士 本 山 義 一


 (1) 許認可ほか役所・民間手続き(事業・生活)


  
こんな手続き出来ますかとお問い合わせください。

 
(2) 法律トラブルの予防を目的とする法務対策


  
公正証書作成サポートほか、法律文書作成

 (3) 生活全般の相談(人間関係の悩みと接し方)

  
仕事、生活、プライベートほか、悩み相談


 私の個性


 行政書士になって30年を経過しました。

 どのような場合でも、親身になって対応します。

 
少し(?)ハスキーボイスで、やや高音の声です。

 
発想や創意工夫が得意です。

 
専門家は高慢になりがちですが、私は誰に対しても

 依頼人の意思を最大限に尊重し対応します。

 あなたのお役に立てるよう、ベストを尽くします。


 適度の緊張感と気分転換



 NHKのど自慢(大阪府大会)

 令和元年7月13日の予選に出場しました。

 千人規模の会場で生演奏で歌い、気分は最高。

 残念ながら翌日の本選に出られませんでした。

 予選はジェイコムでテレビ放送されました。

 必ず、再挑戦したい。

 挑戦したいという思いが、心を弾ませます。


  
   お岩木山(三山ひろし)を歌いました。 緊張して声も表情も硬かった。


 大切な言葉 『意外性』

 
こんな考え・判断・行動もあったのか、

 という意外性のある発想で新たな展開を望みたい。


 
つい、使ってしまう言葉 『そのうち』

 
そのうち、考えてみる。そのうち、やってみる。

 
便利な言葉ですが、機会を失ってしまうことが多い。

 
つい、私も使ってしまい反省、先延ばしをしない。




 

 日本行政書士会連合会のパンフレットより抜粋


 略 歴


 結婚するまで大阪市住之江区西加賀屋に住んでいました。

 
中学、高校生の頃、海洋少年団(ボーイスカウトと同種団体)

 に入り、休日に手旗信号やカッターボート、救命救急訓練、

 キャンプや水泳など、心身に充実した日々を送りました。

 
大学生の頃から25歳、青少年育成と余暇活動を支援する

 大阪府立の青少年施設で、
サークル活動のリーダーとして、

 
土、日の月4〜5回、フォークソングをみんなで歌ったり、

 ダンスやレクレーションゲームや軽スポーツで楽しんだり、

 テーマを決めて、グループごとで話し合って発表したり、

 ハイキングやキャンプなど、青春をみんなで謳歌しました。

 大阪府の定めで、15〜25歳の青少年が対象でした。

 
家電メーカーに就職、技術系法務担当ほかTQC推進を担当。

 
人間関係など職場環境改善の推進管理にも関わりました。

 昭和61年に大阪市中央区に於いて
経営事務所開業

 昭和63年7月行政書士登録、
大阪府行政書士会入会

 
経営者や府民の相談と書類作成の実務サポート開始。

 現在、松原市の自宅で妻にも手伝ってもらっています。


 迷惑な勧誘はしません。

 お問い合わせください。




 電話  072-336-9011


   (もとやま よしかず)


  

   
総合案内ページへ